一般社団法人日本体験教育研究所

 

自然保育リーダー資格認定講座

1.自然保育リーダー資格認定講座とは

子ども達の戸外での遊びは「保育所保育指針」や「幼稚園学習指導要領」にも記載されている通り、保育者にとって大変重要な業務の1つです。この講座では、自然を活かした遊び方や、年齢別(発達段階)に適した外遊びの手法、戸外というフィールドに潜む危険を理解し、事故を減らす知識と考え方が学べる資格取得講座です。

発達段階に応じた外遊び+子どもの「体と心」を守る

2.カリキュラム

自然保育リーダー® Basic Course

体験活動の実践3時間
安全管理と救急法3時間
体験活動の指導法1.5時間
発達段階に応じた指導法1時間
筆記試験0.5時間

3.スケジュール

1泊2日(宿泊型講座)

1日目2日目
・現地集合
・昼食(持参)
・開校式
・発達段階に応じた外遊び
・体験活動の指導法Ⅱ
・安全管理Ⅱ
・体験活動の実践
・体験活動の指導法Ⅰ
・・安全管理Ⅰ
・筆記試験
・修了証城授与・登録
・開校式
・解散

本講座は一般社団法人日本体験教育研究所が発行する認定講座です。
修了証発行には、以下の要件が必要です。 
①18歳以上
②コースへの100%受講
③筆記テストにおいて80%以上の達成率

※認定後の更新・年会費はありません。

1.「森のようちえん」とは
 自然体験活動を基軸にした子育て・保育、乳児・幼少期教育の総称
2.「森のようちえん」という名称について
【森】は森だけでなく、海や川や野山、里山、畑、都市公園など、広義にとらえた自然体験をするフィールドを指す。
【ようちえん】は幼稚園だけでなく、保育園、託児所、学童保育、自主保育、自然学校、育児サークル、子育てサロン・ひろば等が含まれ、そこに通う0歳から概ね7歳ぐらいまでの乳児・幼少期の子ども達を対象とした自然体験活動を指す。
http://morinoyouchien.org/about-morinoyouchien

このような方が受講されています

  • 保育士や幼稚園教諭を目指す学生
  • 幼児教育の現場で活躍されている方
  • 小学校教職員の方
  • 行政や地方自治体、ボランティアの方
  • 体験活動を提供する団体、指導者や職員の方
  • 小さなお子様をお持ちの保護者

自然保育リーダー資格認定講座

①自然を活かした遊びを学ぶ

自然体験を幼児期に経験することで、五感が育まれ、後の高い正義感や道徳観に繋がるという研究結果が出ています。


②雨天時に実施可能な遊びを学ぶ

急な天候不良等により、予定していた外遊びが出来なくなった際、どのような内容で室内遊びに変更すべきか悩まれる先生が多くいらっしゃいます。
本講習では、室内でも遊びのねらいを変えることなく、1つの遊びで複数のアレンジを行う方法を学びます。

③危険予知能力を身に付ける

子どもの危険を予知して、具体的な回避策を講じることが、保育者として求められています。
本講習では、危険予知の重要性を理解すると共に、事故を減らす考え方を学びます。

④遊びの中で起こりうる危険を理解する

子どもに数多くの遊びを提供すること以上に、その中で起こりうる危険に目を向けることが大切です。
本講習では、体験の中で、講習に関わった指導員は、どのようなリスクマネジメントを施していたのかを学びます。

⑤発達段階に応じた遊び方を学ぶ

教育要領や、保育指針にある「自然との関わり・生命の尊重」に対し、本講習では発達段階に応じた外遊びの手段を考えていきます。

⑥子どもを安全に引率する方法を学ぶ

園外での引率は、子どもの興味関心が数多くあるため、保育者として細心の注意が必要です。
本講習では、ロープを使って安全に大勢の子どもを引率する方法を学びます。

⑦保育者としての子どもの見守り方について考える

「転ばぬ先の杖」の様な、保育者による行き過ぎた介入は、子どもの成長の機会を奪うことになります。
本講習では、保育者として「どのように見守るべきなのか」という姿勢・視点について学びます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly